Lexmark 純正カートリッジ

最適なパフォーマンスを実現するために

Lexmark の高品質インクで、仕上がりの違いが一目瞭然

Buyers Laboratory Inc.(BLI)では、Lexmark のインクを競合ブランドの再生業者 12 社のインクと比較するため、21 台のプリンタ、8 万枚の用紙、393 個のカートリッジを使って独自の調査を行いました。その結果、Lexmark が信頼性と品質の良さで一環して際立った成果を収めました*。このように、Lexmark のプリンタ、インクカートリッジ、用紙は、同時に使用することで最高の印刷品質が得られるように設計されています。

画質

思い出や重要な書類を残すには、色あせることのない高品質な画像が求められます。 家族写真の印刷であろうと、論文の印刷であろうと、妥協するべきではありません。 喜ばしいことに、BLI の調査では、Lexmark の画像の 96% が「高品質」と評価されました。一方、再生カートリッジで印刷された画像で「高品質」と評価された割合はたったの 25% でした。

カートリッジの信頼性

カートリッジが原因でミスが発生すると、時間や手間がかかるだけでなく、より重要な業務に集中できなくなります。印刷もビジネスと同じです。 BLI の調査によれば、再生カートリッジの場合、40.6% という半分近くの割合でテストに不合格になっています。 これは大きな数値です。 一方、Lexmark のカートリッジは、テストで不合格になったものは 1 つもありませんでした。 つまり、最初から Lexmark 製品を選ぶようにすれば、安心して、手間をかけずに印刷作業を行うことができるのです。

*2007 年に Buyers Laboratory Inc. が互換性のある 12 社の製品に対して行ったパフォーマンス比較評価のテスト結果の平均値に基づいています。調査は Lexmark の委託により行われました。 テストは Lexmark 純正の 16、50、70、20、26 インクジェットプリントカートリッジと対応する互換カートリッジを使って行われました。 実際の結果は異なる場合があります。