このサイトでは、ユーザーエクスペリエンス、分析、広告の改善をはじめ、さまざまな目的のために Cookie を使用しています。 このサイトの閲覧を続けるか、または[同意して閉じる]をクリックすると、ユーザーは Cookie の使用に同意したものと見なされます。 詳細については、弊社の Cookie のページを参照してください。

Lexmark 印刷管理

モバイルおよびデスクトップで企業クラスの印刷を実現

モバイル印刷はもはや当たり前の技術です。モバイル印刷はデスクトップ印刷と同様に動作し、IT の目標をサポートします。

Lexmark 印刷管理(LPM)がホステッドソリューションまたは従来のオンプレミスソリューションとして使用可能な場合、プラットフォームやユーザー、場所に関わらず、同じプロセスで印刷することができます。

どこからでも、どこへでも印刷可能 – Lexmark 印刷管理を使用すれば、先にプリンタを探したり選択したりしておく必要はありません。どこからでも中央のキュー 1 箇所に印刷ジョブを送信し、プリントリリースに対応したどのプリンタからでも安全に印刷ジョブをリリースすることができるため、時間が短縮され、人目も気になりません。

柔軟な選択肢 – Lexmark 印刷管理では、モバイルデバイスからジョブを送信するためのオプションが複数用意されているため、ユーザーのニーズに最適の選択をすることができます。

  • Lexmark Mobile Printing アプリ:Lexmark 印刷管理で使用するために設計された Lexmark Mobile Printing アプリは、iOS デバイスと Android デバイスの両方で使用できます。これにより、ユーザーは、モバイルのオペレーティングシステムの違いに関わらず、共通の操作で印刷することが可能です。
  • AirPrint:Lexmark 印刷管理は、AirPrint によって認定された最初の印刷管理ソフトウェアソリューションです。ユーザーは、iOS のネイティブの印刷機能を使用して、プリントリリースキューに印刷ジョブを直接送信することができます。
  • Lexmark Print Service Plugin:Android OS バージョン 4.4 では、印刷サブシステムのネイティブサポートをはじめ、新しい印刷機能がいくつか導入されました。また、Lexmark からは Lexmark Print Service Plug-in がリリースされています。このプラグインを使用すると、Android デバイスから、Lexmark 印刷管理およびその他のサポートされている Lexmark 製品に、印刷ジョブをネイティブで送信することができます。
  • E メール送信:Lexmark 印刷管理では、印刷ジョブを E メールで受信することができます。そのため、ユーザーが使用しているデバイスや接続方法に関わらず、E メールに添付して Lexmark 印刷管理に送信するだけで、あたかもデスクトップから印刷したかのように、ユーザーの印刷キューにジョブが置かれます。 

一般的な形式のファイルの印刷 – Microsoft Office のドキュメントや PDF、画像、Web ページを印刷できます。..面倒な作業をしなくても、モバイルデバイスに表示されているドキュメントや情報がそのまま印刷されます。

モニタリングと制御 – Lexmark 印刷管理の機能を活用すると、IT 部門は、印刷ジョブがどこから発生したかに関わらず、出力デバイスの使用状況をユーザーレベルにまで細分化してモニタおよびレポートすることができます。そのような潜在的な傾向を追跡することにより、印刷インフラストラクチャおよびワークフロー全体について、より正しい意思決定を行うことが可能になります。制御する必要が生じたときには、ユーザーまたはグループごとに数量割当を行って、カラー印刷や印刷全体の枚数を制限することができます。

Lexmark 印刷管理は、モバイルと PC の両方に対応した、企業クラスの統合印刷管理システムです。Lexmark の目標は、モバイル印刷を例外なくシンプルにすることです。ユーザーから見て特殊なスキルになっていたり、IT 部門にとって特殊なサポートの対象になっていたりすることがないように、尽力しています。


PJ-test

パンフレット

Google クラウドプリント™

Google クラウドプリント™ を使用すると、サポートされている Lexmark デバイスに迅速かつ簡単に出力することができます。