Paul Rooke プロフィール写真

Tonya Jackson

上級副社長
サプライチェーン担当チーフオフィサー

Tonya Jackson は、Lexmark International, Inc. の上級副社長兼サプライチェーン担当チーフオフィサーとして、需給計画、グローバルソーシング、ハードウェア製造と消耗品生産、流通と物流など世界規模のサプライチェーンの運用を担当し、Lexmark のシェアードサービスセンターの責任者を務めています。

Jackson は 2013 年から Lexmark のグローバルサプライチェーンの運用を担当していますが、それ以前は、副社長を務める傍ら、世界規模のサプライ運用のゼネラルマネージャーを 2 年間務め、 Lexmark プリンタの消耗品についてグローバルな製造およびエンジニアリングを担当していました。

Jackson は 1991 年の Lexmark 創立当初からの社員であり、テクノロジーマネージャーや、エクスペリエンスデザイン、テクノロジーサービス、持続可能性の各分野のディレクターなど、さまざまな管理職に就いています。

Jackson は IBM 社で社会人としての一歩を踏み出し、さまざまなエンジニアリング系の役職に就いてきました。 

Jackson は、ハンプトン大学で化学の学士号を、ヴァッサー大学で化学の修士号を、オハイオ大学で経営学の修士号を取得しています。