役員プロフィール

 Paul Rooke

ポール・ルーク

会長兼 CEO

Lexmark International, Inc. の会長兼 CEO であるポール・ルークは、2010 年 10 月、社長兼 CEO に任命され取締役会に選出された後、2011 年 4 月に取締役会長に就任しました。

2007 年 7 月から 2010 年 10 月までは、副社長として以前のイメージングソリューション部門(ISD)の事業本部長を務め、世界中の顧客のニーズに合ったインクジェットプリンタやオールインワン製品(消耗品や各種サポートを含む)の開発、製造、マーケティング、販売を担当しました。

1999 年 12 月から 2007 年 7 月までは、以前のプリンティングソリューションサービス部門(PS&SD)の事業本部長として、 世界中の顧客に対する製品、消耗品、ソフトウェア、ソリューション、およびサービスの提供を統括しました。

ルークは 1991 年の Lexmark 創立当初から社員であり、事業本部長として世界中の消耗品供給を管理したり、イメージングソリューション部門(以前のカスタマープリンタ部門)の統括本部長としてグローバルマーケティングとアメリカ国内販売を担当するなど、数多くの主管を歴任しています。

1980 年、IBM 社で製造技術者として社会人としての一歩を踏み出し、 1984 年には IBM 社のケンタッキー州レキシントン工場でホイールプリンタ自動化設備のマネージャーを担当しました。 このほかにも、コストエンジニアリングおよび商品企画マネージャー、システムプリンタ事業本部長補佐役など、IBM で数多くの経歴を積んでいます。

ルークは、ミシガン大学で機械工学の学士号を、ケンタッキー大学で経営学の修士号を取得しています。

Marty Canning

マーティー・カニング

副社長兼イメージングソリューションサービス事業本部長

Lexmark International, Inc. の副社長兼 ISS(イメージングソリューションサービス)事業本部長であるマーティー・カニングは、 世界中の顧客のニーズに合った製品、消耗品、ソフトウェア、ソリューション、およびサービスの提供を担当しています。

Ronaldo Foresti

ロナルド・フォレスティ

アジア太平洋・ラテンアメリカ地区事業本部長

ロナルド・フォレスティは、世界で最も成長著しい地区であるアジア太平洋およびラテンアメリカ地区でマーケティングと販売を統括する事業本部長です。

Gary Stromquist

ゲーリー・ストロムクィスト

副社長兼 最高財務責任者代行

ゲーリー・ストロムクィスト副社長兼最高財務責任者代行は、Lexmark International, Inc. の財務部門の責任者であると同時に、投資家との関係構築、IT、経営戦略と開発、内部監査とセキュリティの各分野を統括しています。

Scott Coons

スコット・クーン

Lexmark 副社長、知覚ソフトウェア部門事業本部長兼 CEO

スコット・クーンは、Lexmark 副社長であり、Lexmark 内の独立したソフトウェアビジネスである知覚ソフトウェア部門の事業本部長兼 CEO です。 知覚ソフトウェア部門は、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)のソフトウェアソリューションを提供する主要プロバイダです。

Jeri Isbell

ジェリー・イスベル

人事統括本部長

ジュリー・イスベルは、Lexmark International, Inc. の人事方面全般の統括本部長です。




Robert J. Patton

ロバート・J・パットン

法務統括本部長

2008 年 6 月から法務統括本部長を務めるロバート・J・パットンは、Lexmark International, Inc. がグローバル展開するに当たっての法務方面全般を統括しています。